情報提供です。

 2020/04/22 (水)

緊急事態宣言以降、コロナ感染防止の観点から「登所自粛」や「休所・閉所」となっている学童保育が増えています。 この程、厚生労働省より「臨時休業している場合において…もともと開所の予定であったものについては、開所したものとして…差し支えありません」という「事務連絡」が発出されました。別添しました。 つまり、当初開所予定があり、登録児童がいたとして、コロナの関係から児童数が減少した、学童保育を閉所した場合でも、当初の児童数に対応した補助金は支給されるということです。 コロナの状況と共に学童保育の対応も変わってきます。国・自治体の追加の施策が出てきます。引き続き情報提供をしてまいります。

埼玉県学童保育連絡協議会 事務局 ℡:048-644-1571

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です